酵素サプリや無添加酵素ドリンクを飲むタイミング口コミ効果で力を取り入れる 【こうそプリンス】

普段から気にかけている酵素による商品は現在たくさん出ているかと思います!その中でも栄養価の高い飲み口スッキリの『酵素ドリンク』やタブレット型で外出時でも気軽に服用できる『酵素サプリ』などは多くの女性たちが愛飲しております。

酵素の力を知り健康と元気な体を酵素サプリメントや酵素ドリンクで補っていく!

酵素の持つ優れた力を利用した酵素サプリや酵素ドリンクの効果

美容やダイエットに関して近年目にすることが多くなった「酵素」。
実は私たちの体に存在する物質で、健康的に生活していくうえで欠かせないものです。
このサイトでは酵素の持つ働きや効果をはじめ、酵素を効率的に摂取できるサプリメントやドリンクなどについて詳しくご紹介します。

酵素とは

酵素は人間が生命活動を行ううえで欠かすことのできない物質です。
消化や栄養物質の合成などは体内で起きる化学変化ですが、この化学変化の仲介役となるのが酵素。
食べた食べ物を分解し、体内に吸収しやすくする役割を持ちます。
人間の体だけでなく、生き物の体の中で起こる化学反応はすべて酵素の働きによるもの。

酵素は

・食べ物を消化する
・細胞の新陳代謝を行う
・血液を循環させる

生命維持にかかわることがスムーズに行われるためには必要不可欠です。

 

▲ 目次に戻る
▼ 失われやすい酵素を外側から補う酵素商品

 

酵素がつくられる仕組みとは

私たちの体の中には酵素がたくさん存在し、その数は数千種類にも上るといわれています。
体内に存在する酵素のうち、「消化酵素」と「代謝酵素」の二つは体のなかで作られます。

消化酵素には「タンパク質分解酵素(プロテアーゼ)」や「炭水化物分解酵素」、「脂質分解酵素」などがあります。
消化酵素の多くはすい臓で作られ、消化腺から消化管内へと分泌されて消化に携わります。
それぞれの消化酵素が作られる場所や働く場所は以下のとおり。

タンパク質分解酵素

タンパク質アミノ酸などに分解され、筋肉などの体の構成成分になります。

ペプシン…胃で作られて胃で働く
トリプシン・キモトリプシン・カルボキシペプチターゼ…すい臓で作られて小腸で働く
アミノペプチダーゼ、ジペプチダーゼ…小腸で作られて小腸で働く

炭水化物分解酵素

炭水化物は糖質に分解され、エネルギー源となります。

α-アミラーゼ…唾液に存在し、口腔内で働く
α-グリコシダーゼ・α-デキストリナーゼ・ラクターゼ・スクラーゼ・トレハラーゼ…小腸で働く

脂質分解酵素

液体の「油」や固体の「脂」は脂質に分解され、高いエネルギー源となります。
リパーゼ…すい臓で作られて小腸で働く

ちなみに、消化酵素は医薬用の消化薬に用いられることもあるのです。
タンパク質、炭水化物、脂質は三大栄養素と呼ばれ、消化酵素のサポートを得て体内で分解されると、細胞内でエネルギーを生み出すサイクルに入ります。

それぞれの物質が体内で利用されたりエネルギーに変わることを「糖代謝」や「脂質代謝」というように「代謝」と呼びます。
この代謝が正常に行われるために欠かせないのが「代謝酵素」。

脂質ひとつとってもエネルギー源になるまでには数十種類もの酵素の働きを経由します。
ですから代謝酵素がひとつ欠けるだけでも機能障害が生じる可能性があるのです。

酵素にはどんな種類がある?

「酵素」には、体内に存在する「潜在酵素」と食べものから取り入れる「食物酵素」があります。

潜在酵素

潜在酵素は内部酵素、食物酵素は外部酵素と呼ばれることもあります。
潜在酵素には食べ物の消化吸収に必要な「消化酵素」と、体の代謝機能に関わる「代謝酵素」に分かれます。

もともと体内にある潜在酵素は生活習慣や加齢によって失われていきます。

体内の酵素が不足することによって起きる症状は「慢性的な疲れ」や「肩こり、腰痛」など。そのほかにも「肌のくすみ」や「冷え」など、女性には憂鬱な症状を引き起こす原因になります。

消化酵素

潜在酵素のひとつが消化酵素。食べ物の消化吸収に大きな関わりを持ちます。
消化酵素は唾液にも含まれ、食べ物を口に入れた瞬間から消化が開始。胃や小腸に存在する消化酵素を経て、胆汁や膵液が送り込まれる十二指腸で本格的な消化が行われます。

代謝酵素

消化酵素によって分解された栄養素はエネルギーとして体内に吸収されます。
エネルギーによって「代謝」を行うときに使われるのが代謝酵素。

女性にとってはお肌の細胞の生まれ変わりなどの「美容に関する新陳代謝」としてなじみ深い言葉ですが、そのほかにも呼吸すること、体を動かすこと、また物事を考えたりすることなど、生命維持に欠かせない活動全般をつかさどります。
病原菌やウィルスと戦ったり汗をかいて体温調節を行うのも、代謝酵素による代謝の働きです。

還元酵素と酸化還元酵素

還元酵素には、体内にたまった活性酸素などの酸化物質を還元する作用があり、「抗酸化力」という言葉でよく知られています。

抗酸化力が低下し、体内が酸化すると加齢を引き起こすという考えのもと「アンチエイジング」のための成分として用いられることが増えています。

また、脂質は酸化還元酵素によってエネルギーに変換されます。
ちなみに、「還元酵素」が酸化物質を還元するということは、還元酵素自身が「酸化する」ということでもあります。

このように酵素は「酸化反応」と「還元反応」を繰り返しながら存在する酵素を「酸化還元酵素」と呼びます。

酸化した酵素の機能を回復させるためには酸化していない食べ物をたくさん食べることが大事です。

食物酵素

食物酵素とは食品の中に含まていれる酵素のこと。
肉類や魚介類をはじめ、野菜や果物にもそれぞれ酵素が含まれています。
酵素は48度以上に加熱すると働きが失われてしまうため、食物酵素から酵素を摂取するためには生で食べる必要があります。

ところで健康食品などの広告で目にすることの多い「酵素活性」とは何なのでしょうか。
酵素活性とは酵素の種類ではなく、酵素の持つ分解能力の有無や強さを示す単位です。

酵素には物質を分解する作用がありますが、基本的には熱に弱く、50度以上の環境では破壊されてしまいます。このような状態を「活性していない状態」などと呼びます。

反対に酵素活性が高い状態とは分解能力が高い状態のこと。商品の中に良い状態の酵素が含まれているという目印として記されているのですね。

酵素活性とよく似た言葉に「活性酵素」というものがありますが、これは酵素活性とはまた別のもの。

生きて働いて、有機物を分解できる状態の酵素を「活性酵素」と呼びます。
酵素関連の商品を選ぶときは活性酵素が含まれているものを基準にすると安心です。

酵素の働きが体に与える効果

体内の「潜在酵素」には「消化酵素」と「代謝酵素」があることはご存知のとおり。この2つの酵素は互いに深くかかわりながら、健康な体を維持しています。

人が食事をするときに、食べ物を口の中でかみ砕き、胃や小腸を通って消化し、大腸で吸収されます。この消化の流れのなかで有機物を分解するために働くのが消化酵素。

消化酵素の働きで栄養が体内に吸収されると、代謝酵素が働きます。

代謝酵素は栄養素を体中の細胞へと届けるために効果を発揮。細胞は届けられた栄養をもとに生命を維持するためのエネルギーを生み出します。新鮮な血液や血液を作り出し、丈夫な骨や骨格を形成。

また体内にたまった余分な老廃物や毒素を排出したり、脂肪を分解し燃焼させたりして体内環境を整えます。

代謝酵素の働きによって得られる代謝の効果には

・新陳代謝の向上
・自然治癒力や免疫力の向上
・デトックス効果
・脂肪分解・排出効果

消化酵素と代謝酵素は双方でひとセットの働きを持ちます。
つまり消化酵素を多く消費してしまうと、その分代謝に使える酵素が減ってしまいます。

また酵素は疲労やストレスによっても失われると言われます。加齢も酵素を減少させる要因のひとつで、潜在酵素の生成は25歳ごろから徐々に低下していきます。

一生に作られる潜在酵素の数は遺伝子によって決まっており、年齢を重ねれば重ねるほど体内で作られる潜在酵素の数は減っていきます。

ただし食品やサプリメントなどの酵素商品を使って、体の外から酵素を補充することで、代謝機能をサポートすることが可能です。

酵素サプリや酵素ドリンクなどに含まれる食物酵素は食事として食べたものの消化を助け、栄養素を体内に吸収しやすいように分解することを助けます。
その結果、体内の代謝を高める効果がアップするというわけです。

 

▲ 目次に戻る
▼ 人気の酵素商品の良し悪しなど比較してみた

 

失われやすい酵素を外側から補う酵素商品

体内にある潜在酵素が失われると代謝機能が低下し、肌荒れや免疫低下を引き起こしたり太りやすい体質になってしまいます。

潜在酵素は年齢により減少してしまいますが、食品に含まれる酵素を積極的に摂取することで体に取り入れることができます。

食品中に含まれる酵素は加熱によって失われるため生食が望ましいのですが、肉など生食が難しい食材もあります。

そんな時には酵素が配合されたサプリメントやドリンクなどの酵素商品で補うのがおすすめ。

多くの酵素を手軽に効率的に摂ることができるのも酵素商品のメリットのひとつです。

酵素商品には主に酵素サプリや酵素ドリンク、酵素スムージーに酵素青汁などの種類があります。

それぞれの商品によって含まれる酵素の数や栄養素などが異なりますが、酵素を摂取するという効果は基本的には同じ。

それぞれのライフスタイルや好みに合う酵素商品を見つけて活用したいですね。

次からは各酵素商品の特徴ポイントなどを詳しくご紹介します。

人気の酵素サプリ商品と特徴について

ここでは人気の高い酵素サプリの特徴についてご紹介します。

こうじ酵素

古来から日本の食生活に根付いてきた麹菌による発酵食。麹菌は微生物の中でも特に高い酵素の生産力が注目されています。
この麹菌を使用し、七穀米を発酵させたサプリメントがこうじ酵素です。

熱に弱い酵素を生きたまま体に届けるため、特別な製法で熱を加えずに作られているのが特徴。

また七穀米には豊富な栄養素が含まれているため、酵素と併せてビタミンB1やビタミンB2、ナイアシンに鉄、亜鉛、マグネシウムなどの栄養素も摂取することができます。

くわえて天然の食物繊維であるレジスタントプロテインも配合されていますので腸内環境の改善にも効果的。すっきりとした毎日をサポートしてくれます。

まあるい旬生酵素

まあるい旬生酵素は熱に弱い酵素を特殊製法で生きたまま閉じ込めることに成功。310種類もの生酵素をたっぷりとることができるサプリメントです。

酵素のほかにも22種類の生きた乳酸菌を配合し、1日のめやす摂取量の中に100億個もの乳酸菌が含まれています。

また温め効果や燃焼効果が期待できる生姜や高麗人参、山椒といった和漢が黄金比率で配合されており、女性の美と健康をトータルにサポートしてくれます。

丸ごと熟成 厳選生酵素

名前のとおり、厳選された生酵素が配合されたサプリです。

フルーツ類30種に野菜類42種、野草類8種と海藻類7種の、合計120種類もの酵素がサプリメントから摂取可能。

使用されている酵素は3年以上の歳月をかけて自然発酵し熟成されたもの。この製法によって、酵素の純度と濃度を高い水準でキープすることに成功しました。

また高純度の酵素を入れるカプセルは、特殊低温カプセル製法で作られているため、酵素を生きたまま体に取り込むことができます。

酵素サプリとは

熱に弱く食品から摂取するのが難しい酵素を、簡単に摂取できるのが酵素サプリです。

メーカーによって差異はありますが、数十種類から数百種類の原材料を使って酵素を酵素を抽出していますので、食事で摂るよりもはるかに効率よく酵素を摂取できます。

食前や食間に飲むのが一般的で、1日数粒を飲むだけという手軽さも酵素サプリが人気の秘密。

酵素サプリを選ぶときにチェックしたいのが製法です。酵素は48度以上の熱を加えると死滅するという性質を持っていますので、サプリメントを作る過程で熱処理されてしまうと酵素が失われます。

非加熱処理で作られたサプリメントはその情報がサイトなどの商品情報に明記されていますので参考にするとよいでしょう。

人気の酵素ドリンク商品と特徴について

ベルタ酵素

酵素を効率的に摂取することを目的として作られたベルタ酵素。酵素のほかにも美容成分や栄養素をたっぷり含んでいるのが特徴です。

ヒアルロン酸やプラセンタなどの美容成分や女性に嬉しいザクロエキスなどを配合し、ただ痩せるだけでなく綺麗に痩せるためのサポートをしてくれます。

さらに楽しんで続けられるように美味しさにもこだわったピーチ味。水だけでなく炭酸水で割ったりヨーグルトソースとして使うなど飲み方のバリエーションも豊富です。

優光泉

九州の断食道場が開発した酵素ドリンクで、九州産の野菜や果物にこだわった厳選素材で作られています。
保存料や甘味料を一切使わない完全無添加。さらに一滴の水も使用していないので濃厚な素材の栄養素を体に取り入れることができます。

梅味とスタンダード味の2種類があり、好きな味を選んだり2本セットで購入したりすることもできます。

お嬢様酵素

美容やダイエットをサポートする酵素ドリンクは数々ある中で、お嬢様酵素は特に野草を主原料として用いているのが特徴。

野草は栽培するのが難しいものもあるだけに、豊富な栄養素の宝庫でもある食材です。野草が原料と言ってもクセがなく飲みやすい口当たりも魅力。

昔ながらの製造方法を踏襲し、陶器製のかめ壺を使って発酵させており、丁寧に自然の力を引き出しています。

酵素ドリンクとは

酵素ドリンクは、野菜や果物を砂糖を用いて発酵させたもので、食物酵素をたっぷり含んだエキスの飲み物。
多くの商品が瓶に入った液体として売られています。

ダイエットや便秘解消への効果が見込めるうえ、体内の代謝を上げる潜在酵素を助ける作用もあります。
酵素ドリンクは健康食品ではなく、清涼飲料水に分類される商品。

食事と一緒に飲んだり、食事の代わりに酵素ドリンクに置き換えるなどして使われるケースが多く見られます。
また、プチ断食の栄養補給としてお勧めされている商品もあります。
ダイエット効果のほか、デトックス効果や美容効果を高めたい人にも用いられることの多い商品です。

人気の酵素スムージー商品と特徴について

ミネラル酵素スムージー

ロングセラー商品のミネラル酵素スムージーの特徴は、カロリーの低さや酵素の種類、味などをトータルしてバランスよく仕上げられていることです。

価格も抑えられてるため、コストパフォーマンスの高さも魅力。

ミネラル酵素スムージーはマンゴー、豆乳抹茶、ハチミツレモン、アサイーバナナ味の4種類から選ぶことができ、いずれものど越しの良い飲みやすさが人気です。

200種類以上の酵素と食物繊維を摂取することができるうえ、1杯あたりのカロリーが22.86kcalと低いのもうれしいところです。

生酵素スムージー

抹茶にグリーン、アサイー、レッドの4種類がそろい、たっぷりと酵素を摂取できる酵素スムージーです。
人気の高いのはレッドスムージーで、トマトを中心とした赤い食材を使って製造されています。

抗酸化作用を持ち、美白効果などの美容効果や動脈硬化予防の健康効果も期待できる優秀なトマトに加え、カルシウムや鉄分が豊富なリンゴ、ニンジン、イチゴやトウガラシ、イチジクなどが含まれています。

野菜たっぷりでありながらさわやかなレモネード味なので、トマトジュースや野菜ジュースが苦手な人も飲みやすいのが特徴。
222種類の生酵素のほか、プラセンタやコラーゲンなど美容成分もたっぷりです。

酵素スムージーとは

野菜やフルーツを繊維ごと摂れるスムージーは食物酵素がたっぷり。自宅でスムージーを作る場合には生の食材を丸ごと搾りますが、商品としての酵素スムージーは粉末状のものが多く見られ、水やジュースに溶かして飲むスタイルが一般的です。

フルーツの風味が生かされた飲みやすい口あたりで、味のバリエーションも豊富。赤や紫など、食材の色にこだわって作られた商品もあります。

酵素スムージー商品を選ぶときのチェックポイントは酵素の種類や量。できるだけ多くの酵素が含まれているものを選びたいですね。
また、腸内環境の改善を助ける乳酸菌や美容成分がプラスされているものもあるので、目的に合ったものを選ぶとよいでしょう。

酵素青汁商品の特徴について

青汁とは、ケールや大麦若葉、明日葉など、栄養価の高い緑黄色野菜を絞った飲み物を指しますが、商品としては粉末状の水に溶かして飲むタイプのものが多く出回っています。

近年若い女性を中心に人気なのが酵素青汁、特にフルーツ青汁です。

緑黄色野菜だけでなく果物もふんだんに取り入れることで、野菜と果物の酵素や栄養をふんだんに取り入れることができます。

従来の青汁は苦みのある味が敬遠されやすいという難点がありますが、フルーツ青汁はフルーティーな風味や抹茶風味など、飲みやすい味付けがなされていることが多いのも人気の理由です。

豊富な種類の酵素のほか、乳酸菌や美容成分などがプラスされ、さらにローカロリーなので、置き換えダイエットやファスティングに使用されることが多いアイテムです。

ジッパー式の袋に入ったものや1回分ごとに個別包装されたものなど、パッケージの種類が豊富なため用途やスタイルに合わせて選ぶ楽しみもあります。

酵素青汁とは

酵素ドリンクと青汁の成分を両方一緒に摂取できる酵素青汁。酵素ドリンクに加えて野菜不足を解消したいという人や、緑黄色野菜だけでなく酵素も取り入れたいという人に特におすすめです。

食事のバランスには気を配っているという人でも、毎食十分な栄養素と酵素を摂取し続けるのは至難の業。

青汁はビタミンやミネラル、食物繊維が豊富ですので栄養バランスの取れた食生活にぴったりです。

カロリーが低い商品が多いため、短期のファスティングダイエットの栄養補給としても活用されています。

 

▲ 目次に戻る
▼ 酵素は食べ物から補うことができる

 

人気の酵素商品の良し悪しなど比較してみた

酵素サプリ、酵素ドリンク、酵素スムージー、酵素青汁と、多彩に展開されている酵素商品。
いずれも高い人気を誇るものばかりですが、それぞれの商品のメリットやデメリットを細かく見てみましょう。

1.酵素サプリ

こうじ酵素

累計販売数300万袋を突破したこうじ酵素。92%の高い満足度を誇り、多くの雑誌企画で1位を獲得している商品です。
通常価格は3,650円ですが、モニターとして定期コースに申し込むと初回300円で購入が可能。送料も無料です。
そのほか、初回利用者にはダイエット読本のプレゼントもあります。

まあるい旬生酵素

こちらも満足度90%と高い評価を誇る生酵素サプリです。15日間内であれば返金保証が適用になります。
通常価格は3,980円ですが定期購入をすると初回が70%オフの907円になります。

丸ごと熟成 厳選生酵素

リピート率90%の人気酵素サプリ。通常だと4,552円のところ、定期購入申し込みで初回30日分が500円で購入できます。

酵素サプリの最大のメリットは手軽さ。水やお湯があればどこでも飲むことができます。パッケージも持ち歩きに配慮されたデザインのものが多く見られますね。価格帯もそれほど高くないため、リーズナブルでコストパフォーマンスに優れています。

2.酵素ドリンク

ベルタ酵素

酵素ドリンクの売り上げや満足度、人気度の実績1位をいくつも獲得しているベルタ酵素。
1本5,080円と少々高いですが定期便を利用すると最高で22%オフ、送料も無料になります。
またダイエットパックを利用するとチアシードやキヌア配合限定サプリのプレゼントキャンペーンがあります。

お嬢様酵素

通販だけで200万本を突破、1日に1000本以上売れている人気酵素ドリンク。
通常価格は4,750円ですが、定期便を使うと初回3,990円に割引になるうえ、雑穀玄米がゆのプレゼントもあります。
定期便は送料無料で、最大32%オフになります。

濃厚な酵素の成分を液体で丸ごと摂ることができる酵素ドリンク。
瓶入り商品が多いため、持ち運びに便利というわけにはいきません。また、他の酵素商品に比べると値段もやや高めに設定されています。
本気で腰を据えてダイエットしたい人向けの商品といえるでしょう。

3.酵素スムージー

ミネラル酵素スムージー

公式サイトだけでなく、楽天やアマゾンからも購入できます。
公式サイトからの購入には特典が多く、2,138円の通常価格が最大30%オフになる定期便を利用できます。定期便はシェイカーやコースターのプレゼントがあるほか、コースによってはチアシード本品1袋がプレゼントされます。

生酵素スムージー

通常価格3,065円のところ定期コース申込で最大10%オフ、送料無料になります。シェイカーやクオカードプレゼントなどの特典があるほか、定期購入を続けると割引率が高くなるメリットもあります。

酵素スムージーのメリットは価格が低く設定されていること。シェイカーを持っていけばどこでも作って飲むことができますが、シェイカー自体がかさばるというデメリットも。酵素や栄養素の成分や含有量をしっかりとチェックして商品を選ぶようにしましょう。

4.酵素青汁

すっきりフルーツ青汁

通常価格3,980円のところ、定期コース申し込みで初回630円で送料無料になります。また30日間返金保証がついています。

価格帯は安いものから高いものまで幅の大きい酵素青汁。栄養価が高く酵素もたっぷり含まれているうえにローカロリーな商品が多数発売されています。

一回分ごとに包装されているものもあるので、ファスティングや置き換えダイエット期間中も外出先で飲むことができます。

青汁は味が苦手という人も多いですが、フルーツ青汁なら飲みやすい口当たりに風味付けされています。水に溶かすタイプが主流のため、水のないところで飲むのは難しいかもしれません。

酵素水とはどんな飲み物なの?

酵素水とは、文字通り「酵素を含んだ水(液体)」のことです。

何となく水素水のような透明な液体を思い浮かべてしまいますが、実はこれは酵素ドリンクのことを指す場合が多いのです。
砂糖によって野菜や果物のエキスをじっくり抽出し発酵させた液体には食物の酵素がたっぷり。酵素水を食物酵素として摂取することで、脂質や糖質の代謝がサポートされ、ダイエット効果や肌サイクルの改善が期待できます。

酵素が体内から失われると代謝が落ちて太りやすくなったり、肌のターンオーバーが乱れてかさつきや肌あれの原因になります。
酵素水(酵素ドリンク)は、酵素を外側から補うことができる美容と健康の心強い味方です。

 

▲ 目次に戻る
▼ まだまだある酵素の活用術 イケる!酵素ダイエット!!

 

酵素は食べ物から補うことができる

体の中にある潜在酵素に対し、体の外から取り入れられるものが食物酵素です。
摂取することによって体内の消化酵素の消費が抑えられるため、代謝酵素として効率よく酵素を使うことができます。

代謝が活性化すると新陳代謝が良くなり、エネルギーを消費しやすい痩せ体質へと近づけます。
食物酵素は野菜や果物、肉や魚など、身近な食品に含まれています。酵素を多く含む食品をご紹介しましょう。

果物

パパイヤ、バナナ、キウイ、パイン、リンゴなど
パパイヤは酵素の王様と呼ばれるほど多くの酵素を含みます。ただし生パパイヤは一般的に流通していないので、生食するのは難しいでしょう。

野菜

アボカド、大根、レタス、ニンジン、セロリなど
果物や野菜はすりおろして食すると、酵素の働きが3倍まで活性化します。酵素は熱とともに酸化にも弱いので、時間がたつと酵素の量が減ってしまいます。
すりおろしたら早めに食べきってしまいましょう。

肉や魚

日本食の代表ともいえる刺身にも酵素が多く含まれています。生肉にも酵素は含まれていますが、衛生的な観点から生食は控えた方がよいでしょう。

発酵食品

発酵食品も酵素の宝庫です。発酵食品には乳酸菌が多く含まれており、その種類は植物系乳酸菌と動物系乳酸菌に分けられますが、特に胃酸に強く調まで届きやすいのは植物系乳酸菌です。

植物系乳酸菌でよく知られているのは納豆やみそ、麹や甘酒、漬物などです。これらの食品は酵素のほかにも豊富な栄養素を含んでいます。

これら酵素を含む食品は手軽に摂れるものばかリですが、酵素は熱に弱いため生食するのがベストです。上手に食事に取り入れて栄養バランスの良い食卓を心がけましょう。

 

▲ 目次に戻る
▼ 酵素入りの化粧品は敏感肌や肌荒れ防止に最適!

 

まだまだある酵素の活用術 イケる!酵素ダイエット!!

酵素の効果が良く知られることになった理由のひとつに、「酵素ダイエット」が挙げられます。

酵素ドリンクや酵素スムージー、酵素青汁などは酵素ダイエットに用いられることが多いですね。

ダイエットというと体重を落とす、痩せるということばかりに注目されがちですが、酵素ダイエットをするためにはその目的と効果を正しく知っておくことが大事。

酵素ダイエットが目指すのは「代謝の向上」です。
食品や飲み物から食物酵素を摂取することで体内にある消化酵素を節約し、代謝酵素の働きを強化。酵素のバランスを調整し、高い代謝を作り出すことで痩せやすい体の状態を作り出すことが目的です。

食事から酵素を摂取する場合にはいくつかのポイントに注意する必要があります

生食する

酵素は熱に弱く、48度以上で加熱すると壊れてしまいます。野菜や果物はサラダなどにしてなるえく生のまま食べるのが望ましいといえます。
またみそも味噌汁で加熱しすぎると酵素が失われるので注意しましょう。

食べる直前に調理する

食材を切ったりすりおろしたりするのは食べる直前がベストです。
切ってから時間が経過すると切り口から参加して酵素が失われます。お店で売っているカット野菜はすぐに食べられて便利ですが、酵素ダイエットという観点からはあまりおすすめしません。

食前に食べる

酵素を効果的に摂るには食べる順番にも注意したいものです。
酵素を含む生野菜や発酵食品を食べるときには、胃が空になっている状態がよいでしょう。先に酵素を体内に取り入れることによって、後から食べたものの消化を良くする働きがあります。

食後のデザートとして果物をとることはよくありますが、酵素ダイエットをするために果物を食べるのであれば、食事後から3時間は開けた方がよいでしょう。

他の食事と一緒に果物を食べてしまうとフルーツと食事が胃の中で混ざってしまうので、フルーツの持つ酵素がうまく働かなくなってしまいます。

身近な食材から取り入れやすい酵素ですが、効率よく摂取しようとするとなかなか面倒です。
そこで酵素サプリや酵素ドリンク、酵素スムージーに酵素青汁といった酵素商品を用いると、効率よく酵素ダイエットができます。

 

▲ 目次に戻る

 

酵素入りの化粧品は敏感肌や肌荒れ防止に最適!

サプリメントやドリンクとして体に取り入れるほかにも、酵素が成分として配合された化粧品もあります。
酵素が体に良いということを知ってはいても、これから初めて使用するとなれば心配ですよね。
そこで酵素化粧品とはどのような効果を持つものなのかをご紹介。

あらかじめ酵素化粧品の持つ特性を理解しておけば安心して商品を選ぶことができます。

酵素入りの化粧品は、消炎作用や殺菌作用の効果を期待して作られています。
敏感肌で添加物や化合物が含まれている化粧品では肌あれを起こしてしまうという人でも、酵素化粧品であれば大丈夫というケースもあります。

ただしこのような場合には添加物不使用の化粧品を選ばなければ意味がありませんので、酵素の配合と同時に成分を確認してから購入するようにしましょう。

酵素化粧品にはそのほかにもターンオーバーを促進する効果も見込めるため、肌の若返り効果も期待できます。

肌がガサガサで角質が気になるという場合に試してみるのも一つの方法です。
もちろん酵素化粧品には酵素だけではなく、一般的な化粧品と同様、様々な美容成分が追加配合されています。

美容成分を補いながら肌の代謝を高め、肌トラブルを防ぎたいという人にはおすすめです。

酵素洗顔で汚れを分解し除去してくれる

酵素を使った洗顔料も発売されています。
一般の洗顔料と酵素洗顔の洗顔料とは、汚れを落とす仕組みが違います。

一般的な洗顔料は界面活性剤などの洗剤で汚れを浮かせて洗い流すのに対し、酵素洗顔料は汚れを「分解し、除去する」働きを持ちます。
たとえば肌のくすみや毛穴の黒ずみなどは、古い角質が肌表面に残っていたり毛穴の中で皮脂と混ざり合って酸化してしまった状態。
一般の洗顔料ではこうした汚れを落としきることが困難です。

こういった状態の肌汚れを洗浄するのに酵素洗顔はおすすめ。
肌にたまっている不要な角質や皮脂を分解して除去できるので、定期的に使用をすることで透明感のある素肌を目指しましょう。

酵素洗顔に使用される酵素には主に「タンパク質分解酵素」と「皮脂分解酵素」の2種類があります。
タンパク質分解酵素は、タンパク質を分解し、柔らかくする作用を持ちます。角質はタンパク質で構成されていますので、酵素洗顔のタンパク質分解酵素が角質を分解して溶かし、肌から浮かせて除去します。

また毛穴に角質と皮脂が混ざって黒ずんでいるときには、酵素洗顔のもう一つの酵素、皮脂分解酵素が活躍します。黒ずみの元は脂質である皮脂と角質が混ざっている状態。これを皮脂分解酵素が分解して取り除きます。

優れた効果で毎日でも使いたくなる酵素洗顔ですが、注意しなければいけないポイントもあります。

毎日連続して使わない

角質や皮脂に対して強い分解除去力を持つ酵素洗顔を毎日使っていると、落としてはいけない角質や脂質まで落としてしまうことがあります。
酵素洗顔は日常のスキンケアにプラスするスペシャルケアとして、週に1~2回を限度として行いましょう。

酵素洗顔後はしっかり保湿する

酵素洗顔したあとの肌は余分な角質や皮脂が取り除かれ、ピーリングしたような状態になっています。放っておくと肌の表面からはどんどん水分が蒸発してしまいますので、いつもよりもしっかりと保湿することを心がけましょう。

また、紫外線の影響も受けやすくなることがありますので、日焼け対策をいつも以上に念入りに行いましょう。

こちらもあわせて読みたい!

 

▲ 目次に戻る

 


投稿日:

Copyright© こうそプリンス , 2018 AllRights Reserved.